脳を耕すマーケティング講座🎵

2020 7/15

農業マーケティング講座の受講を終えて感じたことは、これからの時代に必要だという事です。
現在主流になっているマーケティングを農業に落としこむことで、直接販売の高収益モデルに移行することは有効な手段だと実感しました。Ð2C(Direct to Consumer)と言われるものですね。
今のうちに、コツコツとやっておくことがチャンスだと思います。
このÐ2Cにより、既に先行者利益を得ている農家さんもどんどん出てきています😄
このことからも農業に導入するのは、革新的だとつくづく感じています✨

というのも、農業でこの考え方のもと個々の農家さんが直接販売することが出来れば、中間マージンがかからない分、農家さんの収益が格段に上がります。
もちろん、そのためにひとつひとつの販売に至るまでのプロセスなど農家さんが行うことになります。それに伴い時間や労力を割くことにもなります。
なので、ここに至るまでのプロセスをどのように行うのか?が非常に重要です。そこで、学ぶことが必要になってくるわけですね。
農業=脳業だと山下講師は何度もおっしゃっていましたが、まさに脳を耕して柔軟に考え行動を起こすことが大切なんだと感じています。

顧客動線を構築するとは?
実際に購入してもらうまでには、お客様に一つずつステップを踏んでもらわなければなりません。そのためにどんなステップを築いておくのか?SNSなどのオンラインツールをどのように活用するのか?
そして、ファンになってもらうには感動してもらう(期待値を超える)ための工夫が必要になんですね。
いろいろと考えることは当然多くなりますが、その先の未来に繋がるためにもやる価値は充分ありますね

オンラインでのやりとりが当たり前になってきていることも、時代の潮流の事象の一つです。やっぱり、この流れを活かすことは、波に乗る良いチャンスだと感じています。

今後の農業も大きく変わると感じましたし、変化した農家さんがその先へ進むのだと思います。

さらに、このマーケティング講座ですが、私たち中小企業にも充分活かすことが出来る内容でした。
そう考えると、本当に格安です💰

私自身も、今回学んだことの中から自社にどのように活かそうか?思案中です。

経営は、様々な要素が複雑に絡み合っています。
だから、学ぶこと(脳を耕すこと)が必要なんですね✨

気になる方はこちら⇩⇩⇩⇩⇩
https://notera.co.jp/
お勧めです🎵


農業の発展に貢献できる会社づくりをするためにも、ここからさらにチャレンジを重ねて参ります🎵

最後まで、読んでくださりありがとうございます❕❕

この記事が気に入ったら
いいねしてね!