MENU

何故、そうなのか?

2020 3/15

随分とご無沙汰してしまいましたね~😅
日々元気に頑張っています。

さて、では早速、本題です。
この数年のマイブームとして読書が趣味というのは皆さんご存知の通りですね~。
そもそも、何故読書をするようになったのか?
実は、そこにはしっかりとした理由があるんですね。
結論からお伝えします。この読書によって会社のトップである私自身が器の大きな人になりたいからなんです。
では何故、器の大きな人にないたいのか?そんな疑問もお持ちの方もいると思いますが、それは『わが社の経営理念』https://teradashokai.co.jp/wp2019/wp-admin/post.php?post=532&action=editのブログをご覧になってくださいね。
何となく伝わるのではないかと思います。

話しは少し逸れますが、成功者は多読家が多い📚のだそうです。きっと、知識、見識が多い事や決断力、判断力、視座の高さなど人より秀でるのかなぁ~と思っています。

そして、この数年でまぁちょっとは読むようになりました。ところがどっこい、この器の大きな人になるというのは言うほど簡単な事ではありません。みなさんは周知の事と思いますが…

そうした中で、月に読む本の数が1冊から2冊、2冊から3冊…今は月に5冊を目標にしています。大小さまざまですが…😅

それにしても、そこそこ読むようになって、多くの事が繋がってきたと実感しています。
これらを鑑みると恐らく、真実は一つということなのではないかと思いました。あくまでも私の感覚的な見解なんですが…
だから余計に面白いと感じるようになりました。

ところが、たくさん本を読みたい私には大きな悩みが…
これについては、後日気が向いたらここでお伝えすると思います。
気が向いたら…😅

この記事が気に入ったら
いいねしてね!