理念に立ち返る

2020 11/22

ご無沙汰しております。

なかなか、現状をお伝え出来ずにおります。
というのも、バタバタと日々飛び回っているからなんです。
【何が仕事だかわからなくなる】くらいです💦
一方で、その様な状況の中だからこそ気づかされることがあることも実感しています。

数年前までは全く予想していなかった事なのですが、
トップの仕事は現場作業だけではないんですね。
それに気づき模索しながら、毎日充実した日々を過ごしています。

ところで、このような状況になったのには、もちろん理由があります。

経営理念を定め、ビジョンを掲げると現状とのギャップが必ずそこには生まれます。
ビジョンが高ければ高いほど、ギャップは大きくなりその為の行動量が必要になるからなんですね。

そのギャップは決して楽なものではありません。
むしろしんどい事の方が多いかも知れません。
そして、私自身もそれを実感しています。
行動しても行動してもなかなか結果が残せずに『自分は一体何をやっているのだろうか?…』
と考えることも度々あります。

そんな時にこそ【経営理念】が必要なんだな~と腑に落ちています。
何のために?自分はどうしたいのか?
と自問自答するところから、原点に立ち返ることが出来るですね。

以前にもお伝えしましたが、
松下幸之助翁はこのようにおっしゃっています。
企業の成功要因は三つある。

一つ目 【絶対条件】 経営理念の確立 50%
二つ目 【必須条件】 社風      30%
三つ目 【付帯条件】 戦略・戦術   20%


このことからも理念が最も重要であることが分かりますね。

『農業を盛り上げたい!!』という思いが、
毎日、自分自身を動かしています。

とにかく、目の前の課題を一つずつ潰して
ビジョンに向かって歩んで参ります😁

ほぼマーカー引いてるし…💦

この記事が気に入ったら
いいねしてね!