今後の方針について

2020 4/09

コロナウィルスは依然として猛威を振るい、終息する気配がありません。
そして、緊急事態宣言もでており、営業自粛の傾向が強まり、厳しい状況が続いております。
弊社としてもこの状況をどのように捉えるべきか?について、このところ考えていました。
このような状況の中で営業を続けるべきか否か…
コロナウィルスは、接触頻度が高まれば、当然リスクは高まるわけで、その為の緊急事態宣言なのだと思います。
だとするならば、感染しないことに重点を置いた活動こそが、今の最善策なのかも知れません。
仮に自分が感染したことで、どれだけの人に迷惑をかけることになるのか?どのような影響を及ぼすのか?などと考えたりもしました。

一方では、このような深刻な状況の中でも農家のみなさんは地道にコツコツと仕事をされておられます。なぜならば、もともと仕事における他人との接触頻度は日頃から少なくリスクも少ないからです。となると、当然機械も使うわけで故障も発生します。
その様な中で、いろいろと考えた結果、私たちは何のために仕事をしているのか?について考えました。つまり、理念に立ち返りました。

農業を盛り上げたい、農家のみなさんのお役に立ちたいというところから、営業を続行するという決断に至りました。

もちろん、行政の指導にはキチンと従い、法やルール、規則に則って会社運営をしてまいります。
恐らく、賛否両論あると思いますが、ご理解いただければ幸いです。

また、このブログにつきましても、一旦自粛しようということも考えました。
しかし、一方では楽しみにしておられる方もおられることを知り、継続することを決断いたしました。その点に関してはとても励まされ本当に支えられていることを実感すると共にありがたく感じています。
内容に関しましてですが、様々な方の心情も踏まえながら、見てくださる皆さんを応援できるような、元気になってもらえるようなものを投稿していこうと考えております。

何分、私たちにとっても初めての経験でありますので失礼な表現などがございましたら、ご容赦頂ければ幸いです。
また、そんな中でも、不適切な表現や内容、思うところがありましたら遠慮なく何なりとお言葉を頂戴できればありがたく思います。

皆様と共に、少しでもより良い形でこの局面を乗り切っていきたいと切に願っております。

最後になりますが、何分不慣れなために文面が堅苦しくなってしまい、期待はずれに感じてしまいましたら、その点もご理解いただけるとありがたいです。
今後とも精一杯できることを行なって参りますので、何卒宜しくお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!